社長(増田)がジャンルにとらわれず不定期に更新していきます

サイトマップ

社長の独り言

KCsマーク(自律安全確認申告制度)の取得

2013年12月

 2013年3月1日より、韓国向けに輸出する機器に対し「機械災害を防止するための自律安全確認申告制度(KCsマーク)の取得」が義務付けられ、該当製品にはマークを表示しなければ輸出することができなくなった。昨年取得したCEマーキングと内容的には同類の安全に対する規格だが、CEマーキングが自己宣言認証であるのに対し、KCSマークは強制認証であるところが大きな違いだ。
実は2年ほど前からKCs認証制度が施行されるという情報はあったが、識者も含めその詳細を知る人はほとんどいなかった。昨年暮れあたりからやっと情報が入るようになり、早速取得に向け取り組んだがなんだかんだ半年を要した。2年前にCEマーキングの取得経験があったからできたようなものだが、一から理解するのは大変だったし、専門家や韓国代理店の協力がなかったら取得は困難だったかもしれない。
この認証に沿うための改造や申請に係る手間は思いの外大きいが、お客様での機械災害リスクはかなり減少するだろうし、韓国内における安全基準の統一や、自国の産業保護、機械災害の防止等に大いに役立つものだと考える。しかし、それほど効果のある制度にも拘らず、残念ながら日本ではまだ制定されていない・・何故だろう。日本を追い越せ!の号令のもと韓国政府の動きは速い。能天気な日本政府の感性が大いに心配だ。