社長(増田)がジャンルにとらわれず不定期に更新していきます

サイトマップ

社長の独り言

年頭のあいさつ

2012年1月

  新年明けましておめでとうございます。
今年の4月に創業90周年を迎える増幸産業ですが、
今年は「大きく飛躍する年」にしたいと思っています。
今まで念仏のように「小さな大企業になりたい!」と 唱え続けてきましたが、それを実現できる予感を今感じています。18年間に及ぶ6S活動ですが、「5S」「TQC」 「ISO」「顧客満足」「社員満足」「TQM」「超ISO」等々…
 いろいろと手を変え品を変え、紆余曲折を経て現在に 至っております。そして今「PDCAを回すことの意味」と「その回し方の理解」、そして「それを回せるスタッフの育成」の三拍子がやっと整ったと感じています。見せかけの活動ではなく本物の活動、すなわちISOを凌駕した「超ISO企業になる!」ことを目指し、この一年全力で活動したいと思います。この活動は「社風を変える!」の一念の基、平成6年にスタートしましたが、大きな目的を実現するには長い時間を要するものだと、今改めて感じていると共に、続けることの大切さを痛感しています。

ところで今年は辰年、辰は本来「蜃」の文字で、漢書においては「動いて伸びる」「整う」を意味とし、草木が盛んに成長し形が整った状態を示すそうです・・・これまさしく今年の増幸産業を形容するものだと感じています。社員及び協力工場の皆さま、今年もよろしくお願い申し上げます。