社長(増田)がジャンルにとらわれず不定期に更新していきます

サイトマップ

社長の独り言

大切な友人が逝った

2009年11月

 先日大切な友人が逝った。貿易会社社長(57歳)、まだ若すぎる。20年ほど前からの付き合いで、お互い“ちゃん”付けで呼び合える数少ない何でも話せる友だった。とにかく気が合った。助けられたこともあった。まっすぐで、好き嫌いがはっきりしていて、気が強いけど優しくて、でもとても寂しがりやなシャイな人だった。


 近々飲もうや!と言ってくれたのが4月。その後こちらもバタバタして7月になってしまい、そろそろ連絡しようかと思った矢先に一通のメールが入った。「もう一緒に飲めなくなった。気を付けてはいたが大腸癌になっちまった…」と。翌朝一番で病院に行ってみるとすでに手術をした後で20キロも痩せていた。こけた頬に笑みを浮かべ「これも運命だ、しょうがねえよ!」とさらっと言いきった彼に、言葉が詰まった。
痛みは?と聞くと、「武士の情け、聞いてくれるな」と。開口一番こんな質問をした自分がアホに思えた。「会社も順調、自社ビルを買ったばかりだというのに入院なんぞしてる場合じゃねえだろう!早く治してまた世界中駆け回って仕事しなきゃ!」と励ますと、「そうだな、そうすっか!」と微笑む姿が少し痛々しかった。「とにかく頑張れよ!負けるなよ!!」と言おうとしたとき「頑張れ!って言葉は言わねえでくれよな。だって今が精一杯で、これ以上は頑張れねえもん…」
その後2回見舞ったが、帰りがけに「俺の運命は五分五分だな」と言った。「世間じゃ7:3や8:2で頑張ってる人もたくさんいるんだから五分五分なら上等だよ、必ず復帰できるさ!」と言ったのも束の間、一ヶ月後に合併症を併発し突然の訃報。ただただ驚き空を見上げた。でも不思議と涙は出なかった。彼らしい逝き方かもしれないとも思ったから。


 人は皆与えられたフィールドの中で悩んだり、苦しんだり、もがきながら生きているが最後はこんなにあっけないものかと、なにやらスーっと力が抜ける自分を感じた。退院したらバイク買うから一緒にツーリングしよう!と言ってたことも実現できなくなった。ゴルフと釣り、酒は日本酒が好きだった。茶目っけ一杯の、ちょい悪やんちゃオヤジだったが、今考えると知らないことも多い。もっともっと話しておけばよかった、遊んでおけばよかったと思うがすべては後の祭り。たら・ればを言っても始まらない。いつでも、誰とでも一期一会の気持ちで接するべきだとあらためて思う。
人生は思っているほど長くない。一生懸命仕事して、一生懸命家族を愛して、一生懸命やりたいことはやる!という人生にしないともったいない。友の分も合わせて、大いに人生楽しまないと!もちろん苦しいや辛いこともあるだろうが、それもすべて楽しめばいい。短い人生だ、くよくよ悩んでる時間なんてもったいない。すべて前向きに受け止めて次の一手に役立てればいい・・・本当にそう思う。

逝ってしまった友に聞きたい素朴な疑問がある、あの世って本当にあるの? いつかまた本当に再会できるの? ・・・ぜひに答えてほしいものです。 友よ、永遠に安らかたれ!

  

友は沖縄やニュージーランドが好きだった。