牛や豚の骨などから作る肉質食品素材「マローリマルジョン」

サイトマップ

マローリマルジョン製造ライン

マローリマルジョン製造ラインとは、鶏や豚などの骨をまったく 舌ざわりのないベースト状の肉質食品素材( マローリマルジョン)として蘇生させる世界唯一の画期的なシステムです。システムは、カッタ一、チヨツパ一、加水機、攪拌機、スーパーマスコロイダー、充填機などで構成され、各機は専用搬送機で連結さ れております。前処理から製品の袋詰まで省力化と自動化に務 め、小型ラインから豚、牛骨などの大型ラインまで貴社のニー ズに対応できるシステムを確立しました。

とりがらペーストライン

とりがらペーストライン
原料 容器に並べてブロック状に冷凍します。 (-15 ~ -20℃)
ボーンカッター 冷凍状のブロックをそのまま投入、チップ状に削り粗砕します。
ボーンチョッパー さらに約5mmのミンチ状にします。
攪拌機 骨は肉に比べて水分が少ないので肉質にするため一定量の加水をし、水分調整します。
スーパーマスコロイダー ワンパスで、舌ざわりのないペースト肉が出来上がります。
製品 ただちに急速冷凍(-35℃ ~ -40℃)にして製品化されます。

マローリマルジョン動画

マローリマルジョンと生肉の分析比較

  チキン胴がら 鶏肉 ポーク背骨 豚肉 ビーフ背骨 牛肉
水分 65.6% 66.3% 61.3% 66.2% 64.2% 64.0%
蛋白質 16.8% 17.2% 12.4% 17.5% 11.0% 18.0%
脂質 12.1% 15.8% 12.0% 15.1% 8.9% 16.4%
炭水化物 0.2% 0.2% 0.1% 0.5% 0.1% 0.3%
リン 797mg/100g 180mg/100g 2.16% 160mg/100g 2.03% 130mg-100g
3.61mg/100g 0.5mg/100g 3.19mg/100g 0.8mg/100g 2.88mg/100g 1.9mg/100g
ナトリウム 96.0mg/100g 30mg/100g 147mg/100g 40mg/100g 148mg/100g 60mg/100g
カルシウム 1.49% 0.026% 4.52% 0.005% 5.09% 0.004%
有害重金属 検出せず 検出せず 検出せず
              〈 (財)日本食品分析センター参照 〉

 

 マローリマルジョンとは

骨は殆んどカルシウムと思われていますが、実は薄いカルシウムのパイプに骨髄が詰まっているもので成分は肉と殆んどかわりません。栄養学的にも人体に必要なリン脂質やリン蛋白、コラーゲン、コンドロイチンまた各種アミノ酸やビタミンA、 B1、B2など豊富に含まれており、肉以上の食品ともいえるでしょう。完全なペースト状ですので配合も極めて容易でクッキ一、ソーセージ、ハンバーグなど、広範囲に使用され従来の飼料や肥料という見方から新しい食品として大きく見直されています。