多機能ミル(マルチミル)はコアパーツをワンタッチで交換できます

サイトマップ

 

スーパーマスコロイダー αシリーズラインナップ

粉砕イメージ

コアパーツ

構造

粉砕原理と特長

グラインダー(G)
上下2枚の無気孔グラインダーによる石臼式。投入された原料は上下グラインダーの間隔に送りこまれ、そこで生じる強大な圧縮、剪断、転がり摩擦などにより原料は次第にすり潰され、超微粒化されます。グラインダーは150種の品揃え。
ハンマー(H)
回転ディスクに取り付けられたハンマーが外周部ライニングの内側を高速回転し、衝撃・摩砕・圧壊および原料同士の衝突で微粒化します。安定した製品粒度と大きな処理能力を有しております。
チョップカッター(CO)
水平面のカッターで切断された原料は、さらに上下面の垂直のカッターで細かく切断されます。生姜のような繊維質の強い原料も前処理無しでペースト化できます。 カッターは2段・3段・4段の設定が可能です。
クラッシュカッター(CR)
ピーナツやゴマのように油脂分を多く含み、且つ熱に弱い原料を粉末にしたり、繊維質の強い原料をシャープにカットできます。 全周スクリーンのタイプもあります。
粉砕スケール
(おおよその粉砕粒度)
0.01mm=10μm
※粒度を決める各種グラインダーやスクリーンの  孔形状など、幅広く揃えております。

主な用途


●ショウガ、ニンニクの繊維のないペースト化 ●野菜、果物のスープ・ジュース化 ●ゴマ、ピーナツの滑らかなペースト化 ●化粧品、ケミカル原料のスラリー化

●お茶、大豆、玄米などの微粉化 ●岩塩、砂糖などの粉末化 ●ゼオライト、ウンモ、カーボンなど工業原料の微粉化

●ショウガ、ニンニク、リンゴ、玉ネギ、ギョウザの具の粒感のあるペースト化 ●工業原料の整粒化

●ピーナツ、ゴマの粒感のあるパウダー化 ●油脂分の強い香辛料のパウダー化
粉砕動画 ゴマ コーン キャベツ
粉砕後ペースト状
お茶を微粉末化 ショウガをダイス状に ピーナッツを粒状に
キャベツをみじん切り

対応機種

α6シリーズ
α10シリーズ
α15シリーズ
α6
α10
α6
α10
α6
α10
α15
  プラス   プラス プラス

Wコアシステム
(特許出願中)

対応機種

withグラインダー
同軸直上に前処理用にもう一組のグラインダーを配置したユニークな設計。
α10Gシリーズ
α15Gシリーズ
  withグラインダー
前処理としてチョップカッターを用い、同軸直下にメインのグラインダーを配置。

α10Gシリーズ
withグラインダー
クラッシュカッターをグラインダーの上部に配置し1行程でスムーズな粉砕を行います。

α10Gシリーズ

粉砕イメージ

コアパーツ

構造

粉砕原理と特長

グレイター(GT)
原料は回転するおろし金状の突起によりスリおろします。特殊ディスクによりきめの細かなおろしができます。 リンゴ大の野菜や果物はそのまま投入できます。
スライスカッター、ダイスカッター(D)
回転する輪切円盤でスライスされた原料は、直下のダイス刃によりサイコロ状に切断されます。もちろんダイス刃を取り外せばスライス品を得ることができます。
リンゴ大の野菜や果物はそのまま投入できます。
マイクロカッター(M)
高速で回転するローターとその外周に多数配列されたブレードのエッヂ部で生じる強大な剪断力でミクロン単位の精密カッティングを行います。ミクロマイスター(3Mシリーズ)のカッティングヘッドはすべて装着できます。
ラフカッター(R)
高速で回転するローターの遠心力で原料は籠型カッティングヘッド内面に押しつけられ、ヘッド内面のナイフにより切断されます。
ミクロマイスター(4Mシリーズ)の籠型ヘッドはすべて装着できます。
粉砕スケール
(おおよその粉砕粒度)
0.01mm=10μm
※粒度を決める各種グラインダーやスクリーンの  孔形状など、幅広く揃えております。

主な用途


●ダイコン、ワサビ、ショウガなどのおろし 加工

●野菜や果物をスライス状やダイス状にカット

●ショウガやニンニクの繊維長を揃えたペースト化 ●野菜や果物のスープ・ジュース化

●ショウガ、ニンニクなどの繊維の強い原料のフレーク化 ●チーズや肉類のフレーク化 ●根菜類、香辛料のおろし加工
粉砕動画 ダイコンをおろし状に キュウリをスライス状に
ニンジンをダイス状に
ニンジンをペースト状に ジャガイモ
粒状   ペースト状

対応機種

α6
α10
α6
α10

α10

α10
  プラス
※チョップカッター(CO)
with グラインダー(G)
Wコアシステムは異なる複数のコアパーツをひとつの本体にセットし
、スムーズな処理ができる優れたシステムで省スペース、ローコスト化に最適です。

Wコアシステム
(特許出願中)

対応機種

withグラインダー
すりおろされた原料は直下のグラインダーでよりきめ細かな処理がされます。
α10Gシリーズ

粉砕イメージ

コアパーツ

構造

粉砕原理と特長

カッターミル(CM)
軟質原料から硬質原料まで、幅広い用途でご利用いただけます。投入された原料は三段重ねのローターの刃先と外周に取り付けられた3ヶの固定刃で切断され、出口に設けられたスクリーンの穴サイズより小さく粉砕されたもののみが排出されます。
ジューサーミキサー(J)
食物繊維たっぷりのフレッシュジュースや氷を砕いたジュースも作れます。丈夫な大型カッターの採用で効率の良い作業ができます。野菜や果物と調味料などの定量制を保ったジュース作りには欠かせません。
グレイン(GR)
☆型の特殊形状ナイフは原料の解砕や整粒に適しており、過粉砕による微粉の発生を抑えることもできます。また、繊維質の強い原料や付着性のある原料の粉砕も可能です。
脱水機(DR)
簡易遠心脱水機として1000〜3000r.p.mの範囲でご利用いただける固液分離装置です。粒状の原料に付着する水滴から、固形物粒度が20µm程度のスラリーの脱水にも適しています。

粉砕スケール
(おおよその粉砕粒度)

主な用途


●乾燥野菜、生薬などの粗粉砕
●故遷移、故紙などの粗粉砕
●木材チップ、鉱石などの粗粉砕

●野菜や果物をジュースやスープに加工
   
粉砕動画 にぼしを粉末状に ニンジンをペースト状に    

対応機種

α6シリーズ α6
α6
α10
α6

粉砕イメージ

コアパーツ

構造

粉砕原理と特長

チョッパー
ステンレス製のミンチ機です。畜肉・魚肉はもちろんのこと野菜や果物を簡単にミンチ状にします。
スリ胡麻の製造にも使用可能で、グラインダーによる練り胡麻製造と両用できる世界初の粉砕機です。
カッターミキサー
高速回転とカッターナイフにより、あらゆる素材を瞬時に切断・混合・乳化するミキサーです。
インバーターにより回転数を自由に調整できますので、加工上微妙な調整が可能になり、食品から工業用原料まで幅広くご利用いただけます。
   

対応機種

α6 α6