山芋を粒感のあるペースト状に加工 HACCP対応機

サイトマップ

HACCP対応 山芋チョッパー MKBC6-8-15

山芋チョッパー写真

本機は山芋などの芋類をペースト状に摺り下ろすための専用機で、大きな処理能力と分解・洗浄のし易さをを特徴としております。

原料送りラセンのピッチや形状は、しっかりした「こし(ねばり)」を持った製品を効率的に生産できるよう特殊設計が施されております。また、菌の発生を抑えるために駆動部に原料が入り込まない構造になっておりますので、洗浄しやすいばかりでなく、洗浄終了後に粉砕室に殺菌液を溜めて完全な無菌状態を確保することができます。

山芋チョッパー写真 山芋チョッパー写真 駆動シャフトとスクリューシャフト
常にスクリューで原料を押し込むので、気泡の混入がありません。 駆動シャフトとスクリューシャフトは粉砕室の外で接しているだけなので、製品ペーストが駆動シャフト側に入り込み雑菌を発生する等の問題は解消されました。

原 料
処理能力
備  考
大和イモ 500~600kg/hr 冷蔵原料の場合
長イモ 200~300kg/hr 同  上
モーター 7.5kw+0.4kw、3相
プレート直径 Φ200mm
プレート穴径 Φ1.1~1.5mm
機械重量 約700Kg
外形寸法 600×1344×2568mm