高速旋回気流で温度上昇を抑える 平均粒径5μmの気流式粉砕機(ジェット粉砕)

サイトマップ

減圧気流式超微粒粉砕機 セレンミラーDAU

MKCL 8-15J-DAU

完全なサニタリー性を確保

小型化を実現したことばかりでなく、サニタリー型バグフィルターをもビルトインしたことで、フィルターも簡単に脱着、洗浄が可能となり、完全サニタリー化を実現しました。

減圧下に於けるバッヂ連続粉砕方式とは

原料の投入量を調整し、減圧下に於けるバッヂ運転を連続的に行うことができる粉砕機です。バッヂ運転の特徴である"繰り返し粉砕による超微細化"と"減圧粉砕による素材劣化防止"が可能(断熱膨張と呼ばれる気体が膨張すると温度が下がる作用)となり、更に細かくしながらも、変色、変質、風味劣化の少ない粉砕品を簡単に得ることができるようになりました。 また、デリケートな素材を粉砕する場合、減圧時に不活性ガスを投入することもできます。

仕様

MKCL 8-15J-DAU
モーター  11~15Kw、3P
標準能力  バッヂ連続時 6~20kg/hr
連続時   12~60kg/hr
外形寸法  1125(W)×1740(L)×2030(H) mm
重  量 1100Kg
MKCL15-30J-DAU
モーター  22~30Kw、3P
標準能力  バッヂ連続時 18~60kg/hr
連続時   60~250kg/hr
外形寸法  都度設計
重  量 4000Kg

製品案内カタログ